上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは~


ツーリングのレポートが、余裕で一週間過ぎて10日ほどたとうとしてます


それでは、そんなことお構い無しに サッサと続きをいきますね~



例のツーショットの写真ですが・・・

実は、ビールマンが女連れなワケはなく・・・

ちょっとした出来事があったんです



せっかくの夕陽を独り占めしたかったんですが、そこに このカップルが居たわけです・・・
テントを設営しながら、横目でチラチラみてたら、彼女が夕陽に見とれている間に彼が車に戻り、花束を手に彼女の元へ帰っていきました

ずっと逆光で影絵のように見ていたのですが(笑)、彼女は大感激で、彼に抱きつき、泣いていました


いちゃいちゃが 加速するんじゃないかと大人気なくオロオロしていたら、少し時間がたって二人、私のところへ来て、写真を撮ってくださいとのこと


少し話をさせてもらったんですが・・・


プロポーズされましたもちろんしました
と、また泣きながら教えてくれました


全くのサプライズだったそうで、幸せいっぱいの表情でしたよ


この写真・・・、幸せいっぱいなんです^^
私も幸せのおすそ分けいただきました


生月島キャンプツーリング 094

そんなこんなで・・・


やっと撮影ポイントがあいたわけなんですが・・・


雲が出てきて、さっきみたいな逆光の写真が撮れなくなってました

生月島キャンプツーリング 095

誰か知らない人のブログでいい写真があったから、真似して撮ろうと思ってたのに・・・

生月島キャンプツーリング 096

そうこうしてるうちに日がおちて、一人ぼっちの寂しいキャンプ場になりました

生月島キャンプツーリング 097

ほらっ 寂しそうでしょ


ココのキャンプ場は風呂も温水シャワーもありません
冷水シャワーにチャレンジしてみようと試みたんですが・・・

まだ死にたくなかったので、炊事場で髪だけ洗うことにして、さ、晩ごはんでも食べるとしますか

生月島キャンプツーリング 098

今日の晩ごはん・・・


ラーメン食べてるはずだったので、こんなつまみみたいなのしか買ってません

生月島キャンプツーリング 099

あっ あと家からこんなもの持ってきてたんだった

生月島キャンプツーリング 100
寂しくラジオ聴きながら、ビール2本、焼酎2号飲みながら10時ぐらいには就寝でした


ちなみに、ラジオは中国語、韓国語、意味不明語が多数入りはするものの、日本のラジオは2局だけでしたよ

あと、ランタンのマントルは破れてランタン点かなくなるし、焼き鳥の缶詰ひっくりかえすし、結構てんやわんやで楽しかったッス


生月島キャンプツーリング 101
夜も、北朝鮮に拉致されはしないかとびくびくしながらあまり深い眠りにはつけず


5時には起床

生月島キャンプツーリング 102

近くをウロウロパトロールします

生月島キャンプツーリング 103

こんな感じの場所が、すぐ横にあります。

生月島キャンプツーリング 104

火曜サスペンス劇場みたいですね~

生月島キャンプツーリング 105

キャンプ場を上の方から


あの車は、釣りのおじ様方の車です

生月島キャンプツーリング 106

さあ、そろそろコーヒーでも淹れて、朝ごはんにしますか~

生月島キャンプツーリング 107

コーヒーにお湯を注ぎ、カップにドリップしてる間に顔でも洗おうと、ほんの20秒目を離してる間に事件は起こりました


あれっ ない


ホットサンドを食べようと、サンドイッチパンを持ってきてたのに・・・


なんと 目の前をカラスがパンをくわえて飛んで行きやがりました


こらー まて~


3個ぐらい石を投げつけましたが、あたるわけもなく・・・


生月島キャンプツーリング 108

たぶんコイツら・・・

生月島キャンプツーリング 114

仕方がないので、今日の朝ごはんは・・・  はさんで食べようと思ってたチキン南蛮を温めて食べました

生月島キャンプツーリング 109

朝からテンション・・・

生月島キャンプツーリング 110

ダダ下がり・・・

生月島キャンプツーリング 111

およっ 曇ってた空に日が差してきました

生月島キャンプツーリング 112

気持ちを取り直して、テンション上げていくとしましょうか

生月島キャンプツーリング 113

そうと決まれば、撤収もサッサとすまし

生月島キャンプツーリング 115

じゅんび完了

生月島キャンプツーリング 116

さあ、ビールマン元気に走り出しましょう

生月島キャンプツーリング 117

とりあえず、昨日のサンセットウェイへと走り出し、昨日とはまた違った風景に出会います

生月島キャンプツーリング 118



生月島キャンプツーリング 119



生月島キャンプツーリング 120



生月島キャンプツーリング 121



生月島キャンプツーリング 122

生月島にお別れをして、平戸市へと向かいます

生月島キャンプツーリング 123

山手の方へと走っていくと、平戸にきたら絶対に外せない峠道

生月島キャンプツーリング 124

川内峠

生月島キャンプツーリング 125



生月島キャンプツーリング 126



生月島キャンプツーリング 127



生月島キャンプツーリング 128

若干曇り空なんでキレイに写すことができなかったんですが、はれていたら360度パノラマが広がる、絶景ポイントなんです

生月島キャンプツーリング 129

先へと急ぎましょう


それから一気に佐世保まで走らせます


朝のハプニングもあり、腹が減っていたので、次の目的地はかなり楽しみにきましたよ


2011年度、佐世保バーガー人気店 ナンバー1のココ


ハンバーガーショップ ヒカリ



生月島キャンプツーリング 130

・・・なんで???


なんでいっつもこうなるの~




生月島キャンプツーリング 131

ちなみに、ココはいつも行くハンバーガー屋 ログキットの真横にあるんですよ

生月島キャンプツーリング 132

こうなりゃ、もう飯なんか食いません


食うもんか


誰が食うか・・・



おなじみジャパネットの本社を通って・・・

生月島キャンプツーリング 133

ハウステンボスも素通りして・・・

生月島キャンプツーリング 136

東そのぎインターチェンジから高速へ乗り長崎多良見までひとっ飛びします

生月島キャンプツーリング 137

そう、生まれ故郷へ2時間ぐらい里帰りしてました


結局いとこの家で 昼ごはんご馳走になって、久々にカラス以外の人と話し


またいつもの雲仙通って帰ります


そうそう、雲仙に別所ダムってトコがあって・・・

写真は一枚もないんですが、めっちゃクネクネがスルドイ道が延々10キロ程続いているいい道があるのです

それもマイナーな


はまって走ってみたら、初めてタイヤの淵まで使うことができました


ココは途中の赤土のジャガイモ畑

生月島キャンプツーリング 138

クネクネしてたらあっという間にフェリー乗り場に到着です


いつもの豪華客船 オーシャンアロー


15時45分発だったので 余裕を持って15時10分着できました

これに乗れると、乗船時間が30分だから・・・

熊本について2時間ちょっとなんで、家に着くのが6時半にはつきます


少し早めについて、ゆっくり風呂にでも入って早めに寝るとしましょうか

綿密な計算の元、チケット売り場へ・・・

生月島キャンプツーリング 139

・・・なんで???


だから、何でこうなるの
生月島キャンプツーリング 140

代替船はこちらだそうです


16時25分発。


それも同じ熊本港着なんですが、所要時間が倍の1時間・・・


ざっと計算したら、帰りが20時前になりそうです


一気に疲れがでましたよ

生月島キャンプツーリング 141

まっ、それでも旅の途中のフェリーは、一気に旅情が高まって大好きなんですけどね

生月島キャンプツーリング 142

楽しかった長崎に別れを告げ

生月島キャンプツーリング 143

男一匹、熊本に向かって旅立ちます

生月島キャンプツーリング 144

明日という見えない未来へむかって・・・






なんちゃって・・・

生月島キャンプツーリング 145

さあ、熊本に着きました。

降りる準備です。


オーシャンアローの運休で、このフェリーは超満車、満員でしたよ

生月島キャンプツーリング 146

もう夕暮れになってる


生月島キャンプツーリング 147


このたび2度目の夕陽を浴びながら、熊本は松橋インターチェンジから高速に乗り、一気に鹿児島まで帰りました


長々と3部作に渡りましたが、いかがでしたでしょうか

途中、間が空き過ぎてて 何のこっちゃわからなくなってたかもしれませんが・・・


この旅で九州のよさが少しでも伝わってたら幸いです

九州にいらした際は、是非ご一報くださいね


以上、男一匹生月島キャンプツーリング 970キロの旅でした

もしかしたら、その後バイクに乗ってないので・・・

総集編などがあったりして・・・
スポンサーサイト
こんばんは^^

ツーリングから 刻々と時間が過ぎていくので、記憶が飛ばないうちに サッサと続きを更新しないといけませんね~


早速ですが、前回の続きを・・・


長崎・平戸ときたら・・・


そう、 教会ですね~   ソウナノカ

平戸大橋近くの、

田平天主堂

生月島キャンプツーリング 050

マリア様 私ではありません

生月島キャンプツーリング 051

中に入っての撮影は禁止になっていました! だから、外から・・・ 盗撮

生月島キャンプツーリング 052

教会見てたら、さすがに腹がへってきました


次はリサーチしてた あの店へ直行です


平戸の街中にあるアンティークなこのお店

生月島キャンプツーリング 053

いったい何屋さんなんでしょうか~


お店の方は、すごく気さくなご夫婦で経営されてまして


注文してから出来上がるまで、世間話に花が咲いてましたよ


奥さんの弟さんが 鹿児島県警にいらしゃるそうで・・・


そうなんですか できればお会いしたくないですね~って

生月島キャンプツーリング 054


そうこうしてるうちに・・・


ジャーーーーーーン 平戸和牛バーガー

名前から想像できる通り、うまかった


と 味コメ入れたかったんですが、実際はハヤシライスが挟まってるだけだったような・・・


コレはあくまでも私の主観でありますから・・・


だから、あえて、今回はお店の名前は伏せておきますね
生月島キャンプツーリング 055




まあ、腹はふくれたので 次へ向かうことにしましょう


つぎは・・・

カトリック宝亀教会


生月島キャンプツーリング 060

そして、紐差教会へと足を運びます

生月島キャンプツーリング 061

ここは、平戸を代表するようなきれいな教会なんですよ!!!

手入れも行き届いているでしょ~

生月島キャンプツーリング 062

今回、ツーリングマップルに載ってたので ノリで回ってたんですけど・・・

意外と教会巡り・・・嫌いじゃないかも


意外とハマッてしまたようです


また、次回 教会巡りだけのツーリングも企画してみようかな

生月島キャンプツーリング 063


さあ、本日のメイン&宿泊地でも生月島へと向かうとしますか~


途中、リサーチしてたきれいな海岸に寄って・・・



根獅子(ねしこ)の浜、人津久の浜  どっちかはわかりません


生月島キャンプツーリング 064



逆光じゃなかったら、海が真っ青に映るらしいんですけど・・・

生月島キャンプツーリング 065

まあ、コレでも実際に見てたらめちゃめちゃキレイなんですけどね~

生月島キャンプツーリング 066

この角度で撮ったら この透き通る青い海がわかりますか~


南国鹿児島の海より、はるかに青く感じるのは悔しいけど事実です・・・

生月島キャンプツーリング 067

ココの浜は、ゴミもあんまり落ちていなくて最高のロケーションのようです


夏にあの人連れて 海水浴決定かと思われます


ただ、海水浴にいってきま~すと言って、500キロぐらい走らないといけませんけどね

生月島キャンプツーリング 068



そして、いよいよタイトルにもある『生月島』への上陸となります


この青空とベストマッチングした水色の大きな橋


この長崎は、ご存知 日本で一番島が多い県でして・・・


あっちこっちの島に大きな橋がいっぱい掛かっています


海岸沿いを走るツーリングには、持って来いの場所なんです


そして、今日。




生月島キャンプツーリング 069


雨から始まったツーリングではありましたが、

海も
生月島キャンプツーリング 070


空も


生月島キャンプツーリング 071

サイコーのツーリング日和に恵まれました


そしてココ。

生月島に渡ってすぐ左手にある、道の駅での


前回来たときは曇ってたんですけど、天気だけでこんなにも気持ちがいいもんです


生月島キャンプツーリング 072




そして、何より先にまず向かった先はココ、平戸市生月支所。


本日の宿泊地が、『みさき野営場』というワイルドなキャンプ場のため管理人などが常駐していない場所なんです


なので、キャンプ場に行く前に、ココによって受付をしていかないといけません


ビビリなビールマンにとっては外せないとこですね

生月島キャンプツーリング 073

そして、本日のつまみ的晩ごはん&アルコールを 島唯一のスーパー『しおさい』へ買出しに行き、向かった先はココ


大気圏さん


あごだしラーメンという、珍しいラーメンを食べさせてくれるお店でして・・・


ちなみに あごだしとは、プロレスの猪木のアゴとか、ソフトバンクホークスの内川のアゴとかではなく


あご=トビウオの方言なんです


ココを、ご近所のバイクの乗りの先輩Tさんから聞いていたので、晩ごはんにと張り切ってやってきました


私はどちらかというと、とんこつみたいなこってりよりも、しょうゆ、塩系のあっさりラーメンが好きなんで、かなり楽しみにしてきましたよ~
生月島キャンプツーリング 074



バイクを停め写真を撮り、小躍りしながら(笑)入り口へと向かいます



・・・


忘れてました・・・


これがビールマンのブログだってことを・・・


必ずこのようなオチがあるってことを・・・




生月島キャンプツーリング 075

一応、ドンドンドン あけてぇ~ いれてぇ~ たべさせてぇ~ と悪あがきはしてみたものの・・・


あけてももらえませんでした



(結局、次の日に道の駅にいって、大気圏のお土産用ラーメンを買って家で作って食べましたくやしいけど、それでも充分うまっかったです)





気を取り直して、生月島の醍醐味のサンセットウェイを走って次の目的地へと向かいましょうか


ビールマン、本日のメインイベント、夕方サンセットにあわせてココを走る計画で来ました


ココから島の先っちょの灯台&キャンプ場の たった5キロぐらいのココの区間を、夕方陽が沈むこの時間に合わせて 今日の段取りをしてきたわけです

そして、あせる気持ちをを抑えながら島の西側にある農道(通称:サンセットウェイ)に入ったその時




突然、上下紺色の制服で赤い棒持ったお兄さんが出てきて停められました


血の気が無くなっていく自分が、はっきりわかったんですが・・・


よく見ると、警備のお兄さんでして・・・


『只今、ここから先はコマーシャルの撮影の為あと30分通れません』と・・・


一瞬刺し殺そうかと思いましたよ(爆)


島の東側への回り道を勧められましたが、先にも書いたとおり回るわけがありません


刻一刻と、夕陽が沈む時間が迫っているのに・・・


グッと我慢してその場で待ちましたよ


その代わり、ひとつ情報をゲットしました


内緒ということでしたが、知ったことじゃありませんからね

HONDAの『FIT』のテレビコマーシャルらしく・・・


私とほぼ同じ時間の生月島の 夕暮れの映像が出ることと思います

そのコマーシャルを見たら、この2キロぐらい先にビールマンがふてくされた顔で待機してるんだと、思い出してくださいね


生月島キャンプツーリング 076

スンマセンm(__)m

文章だらけになってしまったんで、ココから先はいっとき写真だけどうぞ

生月島キャンプツーリング 077



生月島キャンプツーリング 078



生月島キャンプツーリング 079



生月島キャンプツーリング 080



生月島キャンプツーリング 081



生月島キャンプツーリング 082



生月島キャンプツーリング 083



生月島キャンプツーリング 084



生月島キャンプツーリング 085



生月島キャンプツーリング 086



生月島キャンプツーリング 087



生月島キャンプツーリング 088



生月島キャンプツーリング 089



生月島キャンプツーリング 090



生月島キャンプツーリング 091

どうですか~

写真はヘタッピですけど、島の先っちょにある灯台までの道のりと灯台での写真でした


少しはキレイさが伝わってでしょうか


そして、ココが本日の宿泊地となります

生月島キャンプツーリング 092

夕陽もバッチリ見える 今回のキャンプ場


とっととテントを設営して・・・


夕陽を見ながら、とあえずコーヒーでも入れるとしましょうか~


あれっ 人影がふたり・・・

生月島キャンプツーリング 093

そういえば、今回、ビールマンの自分撮り写真がないような・・・


いつもなら、カメラをじぶんに向けてのショットが何枚かあるはずだけど・・・




もしかして、まさかの女連れだったのか・・・

それとも現地調達


この距離・・・ただ事ではない仲なのでは・・・

生月島キャンプツーリング 094


この続きは近日中、発表予定


まさかの4部作、5部作になる予感が・・・



次回、サブタイトル『ビールマンピ~ンチ』の巻
それでは本編いってみよ♪


楽しかった週末があっという間に過ぎ去って、楽しかった記憶も徐々に断片的になってきた今日この頃・・・


更新も早めにしとかないと、忘れてしまいそうですね・・・


昨日おとといと、突発的に 部屋の片付け&掃除が始まってしまった為、更新がのびのびになってしまいました(汗)


それでは、記憶を搾り出して・・・(笑)





4月14日(土)予定では、朝5時出発だったのですが、やや寝坊と荷物のくくりつけに若干手間取ってしまい少し明るくなりかけた頃、出発です


生月島キャンプツーリング 001

おっと、メーターの写真を撮ろうと思ってたのに気付き、自宅の近くで一回ブレイク

もうこんなに明るくなってしまった・・・

生月島キャンプツーリング 002

只今の時刻・・・午前5時43分

かれこれ もう40分~50分の遅れです

生月島キャンプツーリング 003

いつもは、ケチって鹿児島インターまでしたみち使っていくところを・・・

仕方がない 今日は200円払って有料道路を使うとするか


家から3キロ圏内にある有料道路から一気にハイスピード区間に乗ります

生月島キャンプツーリング 004

そして一気に『鹿児島インター』

生月島キャンプツーリング 005
 
約一ヶ月ぶりのバイクなのに、乗った瞬間から3ケタのスピードに戸惑いながらも


寝坊の遅れを取り戻そうと、頑張って 『北熊本SA』まで175キロひとっとびです


生月島キャンプツーリング 006

ここで朝食の小休止

ブログ的には、あいさつ代わりに
朝一発目から、こってり熊本ラーメンの2杯注文と、洒落込みたかったんですが・・・(爆)


ふつう・・・

生月島キャンプツーリング 007



久しぶりすぎて、ブログ用に景色やバイクの写真撮るのも忘れるくらいの勢いですよ

まだまだ調子があがりませんね~


さあ、ゆっくりなどしてはいられません

次の目的地へと急ぎましょうか~




北熊本SAを出発して、


なんか天気もすっきりしないまま走ってたんですが・・・


天気予報も、耳が擦り切れるぐらい何度も何度も聞いてきたんですが・・・


それも鹿児島から長崎まで九州地方全てマークだったんで、雨具は全て家に置いてきてたんですが・・・


雨・・・、雨・・・、雨・・・


結局、次の『広川SA』に入り、約45分足止めを食らうハメに

生月島キャンプツーリング 008

多少 小降りになってきたので、これ以上は待てません


生月島キャンプツーリング 009

今日の降り口の 『佐賀大和インター』まで爆走します

なんとか雨は持ちこたえてくれています


途中、川にたくさんの鯉のぼり発見


あっ そういやぁ~、ジュニアの五月人形出してないや


生月島キャンプツーリング 010

国道323号線を北上していきます

生月島キャンプツーリング 011

川に沿っての道は、ダイナミックな渓谷美を拝みながらの快走路ですよ~

生月島キャンプツーリング 012

ずっと峠道だったので小雨が続き、先行きを懸念してましたが・・・


およっ 青空が見えてきだしました

生月島キャンプツーリング 013

そして、佐賀の唐津湾まではしらせて到着したのが本日最初の目的地
生月島キャンプツーリング 014
一応、海の近くってことで砂浜を走ってみます

生月島キャンプツーリング 015

日本三大松原のひとつ


生月島キャンプツーリング 016

虹の松原
生月島キャンプツーリング 017

いやあ~、最初の目的地が遠すぎました


距離にして320キロぐらい


それにしてもキレイですね~ 最初は、ただの松林じゃんって思っていたのですが・・・

生月島キャンプツーリング 018


ず~~~~~~~~~~~~~~っと、まつ、まつ、まつ


コレだけ(5キロぐらい)松林も続くと、爽快ですよ



生月島キャンプツーリング 019

そして、

唐津城
生月島キャンプツーリング 020



ここから、玄界灘を右手に見ながら 204号線に乗り換えて、次の目的地の『加部島』を目指します!

ずっと海沿いを走る 快適シーサイドラインでしたよ


ここら辺は、イカで有名な佐賀県呼子です


そして、あそこに見えますは『呼子大橋』 

生月島キャンプツーリング 021

さあ、呼子大橋を渡れば、加部島に到着です

生月島キャンプツーリング 022

気がつけば、天気もうそのように回復してるじゃああ~りませんか

生月島キャンプツーリング 023

めちゃめちゃ、気持ちいいですね~ コレだけすばらしい橋なのに、車一台とおりませんよ

寝転んで写真でも撮ればよかった

生月島キャンプツーリング 024

そして、マップルで絶景と称賛されていた『風の見える丘公園』へ


駐車場にバイクを停め、ここを登ると・・・

生月島キャンプツーリング 025

ほらっ


絶景①

生月島キャンプツーリング 026

絶景②

生月島キャンプツーリング 027

絶景③

生月島キャンプツーリング 028

絶景④


残念ながら、私ビールマンには『風』は見えなかった

生月島キャンプツーリング 029

それから島ののどかな風景を 島の先端『ツイタ鼻』へと走らせます

生月島キャンプツーリング 030

ツイタ鼻って言うのは、島の岬にある のんびりとした牧場みたいなトコかなあ~

生月島キャンプツーリング 031

車では離合できそうにない ホントの細道を、バイクならではの機動力で さっさと岬へと向かいます

生月島キャンプツーリング 032

牛発見

生月島キャンプツーリング 033

天気が 見違えるほど良くなってますでしょ


ビールマンの日頃のおこないでしょうね~

生月島キャンプツーリング 034

こんなところにキャンプ場も発見です マップルには載っていませんでした

あんまり、人はこなそうな感じですけど、逆にサイコーでしょうね

生月島キャンプツーリング 035

ほらあ~
生月島キャンプツーリング 036

あんまり気持ちがよすぎるので、少しのんびりしすぎました


もう少しのんびりしたかったんですが、なにせ今日は行き先スケジュールを満載に組み込んでありますので・・・


長崎の方へ向かって走りだしましょう

生月島キャンプツーリング 037

途中の道端から見える


『浜の浦の棚田』

もう少ししたら、またまた絶景でしょうね
生月島キャンプツーリング 038


奥に見える海も真っ青ですよ

カメラの腕があればもっともっとうまく紹介できるんでしょうけど・・・

生月島キャンプツーリング 039

先を急ぎましょう


まだココは佐賀県

長崎まで一気に駆け抜けますが、この204号線、唐津街道(平戸街道)ず~と海沿いを走るめっちゃ気持ちいい道路です


だれか~

このルート走りにきて、上手に写真とって紹介してもらえませんか~

私には腕がなさ過ぎて このすばらしい環境を紹介できません

生月島キャンプツーリング 040

とちゅう、こんな場所がありました。  


 ・・・が、


なんのトコだか見てきていません

生月島キャンプツーリング 041



もういつの間にやら長崎に入ってはいるみたいです

教会が、あっちこっちに見え出しました

生月島キャンプツーリング 042

そして、いよいよ本日最終目的地の平戸市へ入ります


この橋の向こう側が、今回見所満載の 平戸市です

生月島キャンプツーリング 043

海も眩いばかりに輝きはなっています

生月島キャンプツーリング 044

もうサイコーなんですけどぉおおおおおおお~


こんな写真じゃ、伝わらないのだ

生月島キャンプツーリング 045

橋を渡って、いい撮影ポイントないかなあ~

生月島キャンプツーリング 046

イマイチ、柵がじゃまかなあ~

生月島キャンプツーリング 047

あっそうだった

平戸大橋の全景が見渡せる 絶好の撮影ポイントを調べてたんだった


どれどれ

橋を渡る前の『田平公園』・・・


また橋を戻って、写真撮りにいきました

生月島キャンプツーリング 048



ここで だいたいお昼1時杉ちゃんぐらいだぜぇ~い

そろそろ腹も減ってきてるし・・・





ココからが、このキャンプツーリングのメインになってきます


今日は、前菜(笑)までしか紹介できませんでしたが、いかがでしたか~


ジラしすぎだと思われるでしょうが、ブログ作成の私の限界点でした 

すんません


必ず近いうちに完結させますので、また次回までお付き合いの程よろしくお願い致します


























こんばんは^^


先日は、キャンプ中に酔っ払った状態で 携帯からの更新だったため、画像が横向いてました


この週末は、皆さんも それぞれ良い週末だったことと思います


私もおかげさまで・・・


昨日の晩 一泊二日の強行スケジュールから 20時30分に無事に帰宅することができました


すぐにブログの更新をしたかったんですが、疲れが翌日から 翌々日に如実に出てくる為


仕事に差し支えないように、今日は早めに寝るとします


何枚かだけ写真をアップしときます


明日から、ぼちぼちとスローペースで作成していきますので、またよかったら遊びに来てくださいね~


それでは・・・


おやすみなさい~moblog_aae40006.gif

こんばんは~


約半年ぶりに パソコンでブログのアップに試みてます



写真の取り込みかたを忘れ

取り込んだらどこのファイルに入ったかわからなくなり

しまいには作成中に全部消えてしまうというアクシデントに見舞われmoblog_37fa4e66.gif


ただいま、二度目の文章作成中


では、こないだの出来事からスタートです


いつもは日曜日だけしか休みのない私。

今年、まだ一回も乗ってなかったので、この週末に連休を取り 思い切って

大分一泊ツーリング

を決行しようかと、一週間ぐらい前からツーリングマップル片手に企画しておりました


しかぁ~し


・・・moblog_650fffc7.gif

今年2日からはじめたジョギングに かなりの無理があったため、右足首が大きく腫れあがり病院へ行く始末〈涙)

けが2

骨折こそしていなかったものの、しばらく安静が必要とのことと 原因が・・・


ひとつは もちろん急激なむちゃな運動(一日10キロ走り始めた><)。

あともうひとつは、ナント!! 「老化」なんだそうです

・・・


絶句とは、このことでしたね~


今回のツーリングは、というより、ツーリング自体 しばらくお預けになりました(涙)




しかたないので、去年行ってたツーリングの写真をアップしてみる事にしました

ただ、ブログにアップするのを目的とせずに写真を撮ってたため、つながりがないようです(汗)


暇つぶし程度にご覧ください


去年の9月後半・・・

ジュニアと長崎までキャンプツーリングに行きました

2012.jpg

久しぶりのバイクだったため、「しゅっぱ~つ!」の掛け声とともに最初の曲がり角でエンストして

まさかの 「たちゴケ」

サイドバッグに荷物いっぱい入れてたので、ジュニアが挟まれなくてすみました
さすがに焦りましたよ><

2012-1.jpg

その後、ビビッたジュニアをだましだまし連れて

ビールマン必殺技のフェリーを2回も駆使して一番近いルートで長崎入りしました

2012-2.jpg

雲仙を越えて、小浜温泉街にて・・・

2012-3.jpg

そして少しずつ観光をしながら、大村のキャンプ場へと向かいました

2012-4.jpg

キャンプ場の写真は一枚たりとも撮っていません

楽しく過ごしたのは間違いなく覚えていますけどね


そして次の日は、親戚の家に寄って、船に乗っけてもらいご満悦 

2012-6.jpg

そして、やっぱり必殺フェリーで帰路に着きましたmoblog_2525c47d.gif



ほんとは長崎は長崎でも、日本本土最西端の平戸市の『生月島』ってトコに行きたかったんですけど、時間の都合で割愛しました



2012-7.jpg

・・・ということで、12月にひとりで『生月島』リベンジです

12月の雨交じりの寒い朝、ひとりなので4時30分に出発
2012-8.jpg

今回もキャンプツーリングの為、大荷物ですよ~

全部の荷物にレインコートをかぶせます

2012-9.jpg

そして、まず向かった先は・・・


やっぱりココ


熊本市新港 高速カーフェリー「オーシャンアロー」moblog_d17cdeb5.gif
一応、ここまでは高速2時間、した道30分は走ってるんですって



2012-10.jpg

雨も降ったり、止んだり忙しかったんで、少し疲れました><

長崎の島原に着くまで少し休むとします。

着いたら晴れてるといいなあ~

2012-11.jpg

さすが、晴れ男 ビールマン


島原~雲仙と、どしゃぶり&濃霧でしたね~

2012-12.jpg

すごい強運の持ち主でしょ~moblog_193e9fa8.gif


2012-13.jpg
それでも、めまぐるしく変わり行く天気の中を 凝りもせず!っていうか、しかたなく!っていうか走らせていくと、たまに晴れてくれるんです
愛野展望台にて・・・


2012-14.jpg

ここは、おんなじとこかと思いきや、道の駅「そとめ」

2012-15.jpg

あとは、ひたすら北上します。

絶景の海岸道路でしたね~!! 写真は一枚もありませんが


そして、腹ごしらえも兼ねて向かった先はココ

2月に旅好きライダーさんと一緒にラブラブツーリングした時に立ち寄った、思い出の佐世保バーガー屋さん

2012-16.jpg


スペシャルバーガー! やっぱり メチャうまでした

2012-17.jpg

そして平戸へ向かい・・・

聖フランシスコザビエル教会
(手前に逆光で写りこんでるのは、神様です
2012-18.jpg

360度パノラマの川内峠を通って

2012-19.jpg

とうとう最終目的地の生月島に到着です

生月大橋を渡り、道の駅で

2012-20.jpg

そして島のスーパーで晩ごはん+アルコール大量買い込んで、本日の寝床探しへと走らせます

2012-21.jpg

とにかく、四方を海に囲まれた絶景の島で どこに行っても景色は最高でしたよ

2012-22.jpg

きちんとしたキャンプ場はなく、どこか草原的なところに野営を!!と思ってたんですが・・

この日は、終始荒れ模様の天気でして・・・

ただでさえ風が強い日プラス、四方が海に囲まれている為、風速が台風ばりでして・・・


結局、日が暮れるまで待ってみたものの 強風でテントを立てることができずに あえなく撤退

2012-23.jpg

島の人に聞けば、昨日なんか更に強風すぎてバイク自体が島に入れなかったそうです(驚)

さっきの生月大橋が 二輪車通行止めになってたそうです(再驚)


この日は、結局このまままっすぐ帰路に着きました。。。

まっすぐ帰ったにも関わらず、6時過ぎに出て、家に着いたのは真夜中1時30分でした


今年のロングツーリングはいつになるかわかりませんが、またアップしていこうと思います
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。