上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは^^

ツーリングから 刻々と時間が過ぎていくので、記憶が飛ばないうちに サッサと続きを更新しないといけませんね~


早速ですが、前回の続きを・・・


長崎・平戸ときたら・・・


そう、 教会ですね~   ソウナノカ

平戸大橋近くの、

田平天主堂

生月島キャンプツーリング 050

マリア様 私ではありません

生月島キャンプツーリング 051

中に入っての撮影は禁止になっていました! だから、外から・・・ 盗撮

生月島キャンプツーリング 052

教会見てたら、さすがに腹がへってきました


次はリサーチしてた あの店へ直行です


平戸の街中にあるアンティークなこのお店

生月島キャンプツーリング 053

いったい何屋さんなんでしょうか~


お店の方は、すごく気さくなご夫婦で経営されてまして


注文してから出来上がるまで、世間話に花が咲いてましたよ


奥さんの弟さんが 鹿児島県警にいらしゃるそうで・・・


そうなんですか できればお会いしたくないですね~って

生月島キャンプツーリング 054


そうこうしてるうちに・・・


ジャーーーーーーン 平戸和牛バーガー

名前から想像できる通り、うまかった


と 味コメ入れたかったんですが、実際はハヤシライスが挟まってるだけだったような・・・


コレはあくまでも私の主観でありますから・・・


だから、あえて、今回はお店の名前は伏せておきますね
生月島キャンプツーリング 055




まあ、腹はふくれたので 次へ向かうことにしましょう


つぎは・・・

カトリック宝亀教会


生月島キャンプツーリング 060

そして、紐差教会へと足を運びます

生月島キャンプツーリング 061

ここは、平戸を代表するようなきれいな教会なんですよ!!!

手入れも行き届いているでしょ~

生月島キャンプツーリング 062

今回、ツーリングマップルに載ってたので ノリで回ってたんですけど・・・

意外と教会巡り・・・嫌いじゃないかも


意外とハマッてしまたようです


また、次回 教会巡りだけのツーリングも企画してみようかな

生月島キャンプツーリング 063


さあ、本日のメイン&宿泊地でも生月島へと向かうとしますか~


途中、リサーチしてたきれいな海岸に寄って・・・



根獅子(ねしこ)の浜、人津久の浜  どっちかはわかりません


生月島キャンプツーリング 064



逆光じゃなかったら、海が真っ青に映るらしいんですけど・・・

生月島キャンプツーリング 065

まあ、コレでも実際に見てたらめちゃめちゃキレイなんですけどね~

生月島キャンプツーリング 066

この角度で撮ったら この透き通る青い海がわかりますか~


南国鹿児島の海より、はるかに青く感じるのは悔しいけど事実です・・・

生月島キャンプツーリング 067

ココの浜は、ゴミもあんまり落ちていなくて最高のロケーションのようです


夏にあの人連れて 海水浴決定かと思われます


ただ、海水浴にいってきま~すと言って、500キロぐらい走らないといけませんけどね

生月島キャンプツーリング 068



そして、いよいよタイトルにもある『生月島』への上陸となります


この青空とベストマッチングした水色の大きな橋


この長崎は、ご存知 日本で一番島が多い県でして・・・


あっちこっちの島に大きな橋がいっぱい掛かっています


海岸沿いを走るツーリングには、持って来いの場所なんです


そして、今日。




生月島キャンプツーリング 069


雨から始まったツーリングではありましたが、

海も
生月島キャンプツーリング 070


空も


生月島キャンプツーリング 071

サイコーのツーリング日和に恵まれました


そしてココ。

生月島に渡ってすぐ左手にある、道の駅での


前回来たときは曇ってたんですけど、天気だけでこんなにも気持ちがいいもんです


生月島キャンプツーリング 072




そして、何より先にまず向かった先はココ、平戸市生月支所。


本日の宿泊地が、『みさき野営場』というワイルドなキャンプ場のため管理人などが常駐していない場所なんです


なので、キャンプ場に行く前に、ココによって受付をしていかないといけません


ビビリなビールマンにとっては外せないとこですね

生月島キャンプツーリング 073

そして、本日のつまみ的晩ごはん&アルコールを 島唯一のスーパー『しおさい』へ買出しに行き、向かった先はココ


大気圏さん


あごだしラーメンという、珍しいラーメンを食べさせてくれるお店でして・・・


ちなみに あごだしとは、プロレスの猪木のアゴとか、ソフトバンクホークスの内川のアゴとかではなく


あご=トビウオの方言なんです


ココを、ご近所のバイクの乗りの先輩Tさんから聞いていたので、晩ごはんにと張り切ってやってきました


私はどちらかというと、とんこつみたいなこってりよりも、しょうゆ、塩系のあっさりラーメンが好きなんで、かなり楽しみにしてきましたよ~
生月島キャンプツーリング 074



バイクを停め写真を撮り、小躍りしながら(笑)入り口へと向かいます



・・・


忘れてました・・・


これがビールマンのブログだってことを・・・


必ずこのようなオチがあるってことを・・・




生月島キャンプツーリング 075

一応、ドンドンドン あけてぇ~ いれてぇ~ たべさせてぇ~ と悪あがきはしてみたものの・・・


あけてももらえませんでした



(結局、次の日に道の駅にいって、大気圏のお土産用ラーメンを買って家で作って食べましたくやしいけど、それでも充分うまっかったです)





気を取り直して、生月島の醍醐味のサンセットウェイを走って次の目的地へと向かいましょうか


ビールマン、本日のメインイベント、夕方サンセットにあわせてココを走る計画で来ました


ココから島の先っちょの灯台&キャンプ場の たった5キロぐらいのココの区間を、夕方陽が沈むこの時間に合わせて 今日の段取りをしてきたわけです

そして、あせる気持ちをを抑えながら島の西側にある農道(通称:サンセットウェイ)に入ったその時




突然、上下紺色の制服で赤い棒持ったお兄さんが出てきて停められました


血の気が無くなっていく自分が、はっきりわかったんですが・・・


よく見ると、警備のお兄さんでして・・・


『只今、ここから先はコマーシャルの撮影の為あと30分通れません』と・・・


一瞬刺し殺そうかと思いましたよ(爆)


島の東側への回り道を勧められましたが、先にも書いたとおり回るわけがありません


刻一刻と、夕陽が沈む時間が迫っているのに・・・


グッと我慢してその場で待ちましたよ


その代わり、ひとつ情報をゲットしました


内緒ということでしたが、知ったことじゃありませんからね

HONDAの『FIT』のテレビコマーシャルらしく・・・


私とほぼ同じ時間の生月島の 夕暮れの映像が出ることと思います

そのコマーシャルを見たら、この2キロぐらい先にビールマンがふてくされた顔で待機してるんだと、思い出してくださいね


生月島キャンプツーリング 076

スンマセンm(__)m

文章だらけになってしまったんで、ココから先はいっとき写真だけどうぞ

生月島キャンプツーリング 077



生月島キャンプツーリング 078



生月島キャンプツーリング 079



生月島キャンプツーリング 080



生月島キャンプツーリング 081



生月島キャンプツーリング 082



生月島キャンプツーリング 083



生月島キャンプツーリング 084



生月島キャンプツーリング 085



生月島キャンプツーリング 086



生月島キャンプツーリング 087



生月島キャンプツーリング 088



生月島キャンプツーリング 089



生月島キャンプツーリング 090



生月島キャンプツーリング 091

どうですか~

写真はヘタッピですけど、島の先っちょにある灯台までの道のりと灯台での写真でした


少しはキレイさが伝わってでしょうか


そして、ココが本日の宿泊地となります

生月島キャンプツーリング 092

夕陽もバッチリ見える 今回のキャンプ場


とっととテントを設営して・・・


夕陽を見ながら、とあえずコーヒーでも入れるとしましょうか~


あれっ 人影がふたり・・・

生月島キャンプツーリング 093

そういえば、今回、ビールマンの自分撮り写真がないような・・・


いつもなら、カメラをじぶんに向けてのショットが何枚かあるはずだけど・・・




もしかして、まさかの女連れだったのか・・・

それとも現地調達


この距離・・・ただ事ではない仲なのでは・・・

生月島キャンプツーリング 094


この続きは近日中、発表予定


まさかの4部作、5部作になる予感が・・・



次回、サブタイトル『ビールマンピ~ンチ』の巻
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。